あなたの健康を維持、向上するために信頼できる病院を

美味しく食べれない

問診中

心の病気に食べて気持ちを満たすことがある

美味しいものが、毎日食べられるというのは幸せなことです。 美味しいものを目の前にしますと、つい食べ過ぎてしまうという人も多いかとされます。 それはそれで健康な証拠なのですが、食べ過ぎは内蔵によい影響を与えません。 食べ過ぎが原因で、問題化されることもでてきます。 本当にお腹がすいて、食べたいわけではないのに過食をしてしまうといったことがあるのです。 それには、何か精神的な問題を抱えていることが多くあります。 日常のストレスから、過食にはしるという人が結構いるのです。 そのような事態は食べることによって、ストレスが軽減できるわけです。 少しくらいの食べ過ぎなら問題もありませんが、それがエスカレートしますと食べたものに罪悪感を覚え自ら嘔吐するというような行為にはしるのです。

摂食障害の治療を早めに行う

食べたことにすごい罪悪感を感じ繰返し嘔吐する行為は、摂食障害という病気であることを認識する必要があります。 食べては吐くという行為が、いつしか快感となりやめられなくなります。 そのような行為に本人は、病気という自覚がなく自ら病院へ出向くこともないのです。 一緒に生活をしていますとまわりの人は、異常な行動に気づくようになります。 そこで見過ごすことなく、本人に病気であることを自覚させ治療を始めるように導いてあげることが大切であります。 摂食障害は一刻も早い治療が必要であり、そうすることによって早期に解決できることであります。 摂食障害の治療が遅れますと、体重は減る一方で命の危険さえでてくるのです。 摂食障害は、治療をきちんとすれば治る病気なのです。